丹沢 烏尾尾根~仲尾根

DATE FILE  No.218
2020年8月22日(土)日帰り 天気/晴れ後くもり

【コース&タイム】
所要時間6時間12分
大倉バス停7:30《0.29》竜神の泉7:59《0.35》新芽山荘8:34/8:42《0.31》一本桜9:13/9:26《0.11》838P9:37《0.22》石仏9:59《0.25》烏尾山10:24/10:44《0.21》展望地手前11:05/11:15《0.27》分岐11:42《0.08》休憩地点11:50/12:01《0.09》作治小屋12:10/12:37《0.12》新芽山荘12:49《0.29》竜神の泉13:18《0.25》戸川公園諏訪丸13:33《0.09》大倉バス停13:42

【MAP】
20.08.22MAP-2.jpg

【往路交通】
池上5:06(東急池上線)蒲田5:10/5:18(JR京浜東北線)横浜5:35/5:41(相鉄線)海老名6:20/6:31(小田急線)渋沢6:58/7:02(神奈中バス)大倉7:17

【復路交通】
大倉14:08(神奈中バス)渋沢14:21/14:27(小田急線)海老名14:51/14:57(相鉄線)横浜15:30/15:39(JR京浜東北線)蒲田15:58/16:05(東急池上線)池上16:09

【費 用】
電車990円×2、バス210円×2 (合計 2,400円)

★ 山行記 ★

渋沢駅北口7:02発のバスは、満席+立ち2名。
大倉バス停も先週のお盆休み平日よりも人多し。
DSC03230.JPG


先週に引き続き足慣らし・・・と言うよりは訓練です。
先ずは戸沢林道で新芽山荘へ向かいます。

バス停に隣接する秦野ビジターセンター
中に入ったことないんですよねぇ~
今度、見学してみよう。
DSC03231.JPG


林道歩きで、すでに汗だく。
竜神の泉で顔を洗ってサッパリして再出発するも
途中で気が付いた。我が相棒を置き忘れてきたことに。
MY登山道具の最古参であるストックを 
DSC03233.JPG


竜神の泉のスグ先で林道分岐。水無川に下っている模様。
DSC03234.JPG


更にその先スグに山側へ分岐。
DSC03235.JPG


三ノ塔登山口の萩原林道に接続か?
DSC03236.JPG


黙々と林道を歩く。
DSC03238.JPG


表丹沢林道の終点ゲートを過ぎると
DSC03239.JPG


新芽山荘に到着。
DSC03242.JPG


烏尾尾根登山口
DSC03244.JPG


ここから取付きます。
DSC03245.JPG


初っぱなから急登です。
DSC03246.JPG


烏尾尾根を登ったのは2010年9月なので
ちょうど10年ぶりとなります。

尾根全般、少し荒れているかと思っていましたが
意外に整っていました。が、急登です。
DSC03247.JPG


キツイ登りに休憩したいと喘いでいるとベンチ発見!
しかしご夫婦が休憩されていたので我慢して先へ。

その先、少し開けているような感じが
DSC03249.JPG


おお!小さなベンチがある。迷わず休憩。
DSC03250.JPG


一本桜と書かれた道標がありました。
DSC03252.JPG


ここからやや傾斜も緩む樹林帯
DSC03253.JPG


838ピーク
この右側に三ノ塔尾根が見える。
DSC03254.JPG


先週のんびりマッタリした展望地が見えました。
DSC03258.JPG


石仏に手をあわせる。
文化7年と刻まれてた。1810年から居るのだ。
DSC03260.JPG


ヤマホトトギス
DSC03262.JPG


石仏を過ぎ痩せ尾根が現れると
また急登なんですよぉ~
DSC03263.JPG


コフウロ
DSC03265.JPG


一ヶ所だけ展望が抜ける
DSC03266.JPG


最後の登りにムチ打って
DSC03267.JPG


烏尾山に到着。
DSC03268.JPG


小屋は閉まってた。
DSC03270.JPG


三ノ塔
DSC03271.JPG


三ノ塔尾根。デカい
DSC03272.JPG


表尾根
DSC03273-1.JPG


ヤッパ山頂は気持ちいい。
DSC03274.JPG


行者ヶ岳方面の木道に差し掛かったスグ左が仲尾根の取付き。
小さな看板があったのに無くなってた。

仲尾根から登って来て三ノ塔尾根で降りるトレランの人が言うには、山頂直下から草ボウボウで方向が分からないほどだったとのこと。
確かに草ボウボウで足下が見えないし急傾斜だしでチョット危ない感じ。
DSC03273.JPG


ボウボウ地帯を抜け、気持ちの良い樹林帯へ。
DSC03280.JPG


ちょうど良い腰掛けがあり
DSC03281.JPG


日の当たる場所へ出る前に小休止。
DSC03284.JPG


樹林帯を抜けると草原の展望地。
DSC03285.JPG


ちょっとモヤってる。
DSC03293.JPG


この草原の下りも結構堪えてねぇ~
DSC03292.JPG


斜度を増して下る。大きな松の木まで来ると
DSC03295.JPG


尾根分岐で道標。
ここまで来れば林道合流まで目と鼻の先。
DSC03296.JPG

あと一踏ん張りと下り始めるもここで脚が悲鳴をあげた。
大腿二頭筋(太腿の裏側)が両足ともつって痛くて歩けない。

先ずは水分補給。
どうせ人は来ないので細尾根の真ん中で痛みが引くまで休憩。

多少痛みが引いたところでゆっくり下山開始。
DSC03297.JPG


無事林道へ合流。
DSC03298.JPG


林道合流からスグそこの作治小屋に立ち寄る。
DSC03299-1.JPG


白シャツが小屋のオヤジ。もう一人は小屋番さん。
昼メシ食ってた。
DSC03299.JPG


立ち寄りの目的は  力水 注入
小屋番さんが柿ピーをサービスしてくれました。
DSC03301.JPG


小屋のオヤジが言うには
 去年の台風で小屋下の河原が土石に埋まってしまったとの事。確かに綺麗な沢が流れていたのに埋まってる。ただ小屋下の堰堤手前から沢水は流れ出ているとの事。

 小屋下の河原は作治小屋がキャンプ場管理しているのかと思っていたら、キャンプ指定地でもないのにキャンプやらバーベキューやら勝手にしちゃってるとの事。でも今年はビキニのお姉さんが現れ、ここは湘南かと思ったと喜んでたど。

 山の樹木の立ち枯れが目立つと言ってった。確かに林道を歩いているときから気になってった。専門家に調査して欲しいって。
DSC03300.JPG


ひとしきりお話しを聞いて
1時間の林道歩きで大倉バス停へ戻ります。

入れ替わりで来た人に同じ話しをし始めるオヤジ。
DSC03304.JPG


DSC03307.JPG


DSC03309.JPG


竜神の泉で相棒を無事回収。
DSC03310.JPG


竜神の泉で水汲みしていた軽トラおじさんが
荷台に乗せて送ってくれましたぁ~

チョット行き過ぎて諏訪丸の駐車場まで行っちゃったけど
本当にありがとうございました。助かりましたよぉ~
DSC_0242.jpg


風の吊り橋を渡って無事下山。
三ノ塔は雲の中。
DSC03311.JPG





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 摩利紫天@analog-ya

    10年振りだったんですね
    気付かないうちに山も自分も変わってたってことなのかな
    自分は特に運動はしたこと無かったものの、ハイキング程度のちょっとした山登りは平気だったたのに、最近マジでダメだろうなって思うようになりました…
    200年前から石仏が在るってことは、当時からこの道?山?が利用されてたってことなんですよね
    妄想が膨らむなあ
    勝手なキャンプはゴミマナーに問題ありそうですねー
    2020年09月07日 11:02