上高地 岳沢小屋-天狗沢お花畑(1)

DSC02122-tpo.JPG
★ DATE FILE No.212 ★
2019年8月11日(日)~12日(月)一泊二日 晴れ
上高地BT-岳沢小屋-天狗沢お花畑-岳沢小屋-河童橋

はなちゃんが聞いた話★岳沢小屋から天狗のコルに至るバリエーションルート。そこにある天狗沢のお花畑を見に行ったって。お花の盛りは過ぎた感じだったけど、上高地を見下ろし天狗岩を仰ぎ見る抜群のロケーションと人の居ない静かなひととき。日帰りも出来たけど、のんびり西糸屋山荘別館に泊まって大満足だったってよ。

■ コースタイム ■
所要時間7時間04分
上高地BT6:06《0.23》岳沢トレール登山口6:29《0.32》7番標識7:01《0.34》1938m休憩地7:35/7:45《0.32》8:17小屋見峠《0.10》岳沢小屋8:27/8:54《1.05》2330m天狗沢お花畑9:59《1.09》岳沢小屋10:50/11:11《0.50》風穴12:01/12:06《0.24》岳沢トレール登山口12:33/12:50《0.20》河童橋13:10・・・西糸屋山荘 泊

■ 地 図 ■
2019.08dakesawaMAP2.jpg

■ 往路交通 ■
池上21:21(東急池上線)五反田21:40/21:47(JR山手線)新宿22:02/バスタ新宿22:35(アルピコバス)上高地BT5:20

■ 復路交通 ■
上高地BT9:30(アルピコバス)新島々10:35/10:53(松本電鉄)松本11:22/12:10(あずさ16号)新宿14:41/14:46(JR山手線)五反田15:00/15:06(東急池上線)池上15:25

■ 費 用 ■
往路電車370円、往路バス9,400円、西糸屋山荘9,000円、復路バス・電車2,450円、復路電車5,850円【合計 27,070円】

★ 山行記 ★

8月10日(土)新宿バスタから夜行便バスで翌11日(日)の早朝に上高地到着。
バスは残りひと席の3列シート車がとれた。

DSC02055.JPG



河童橋
今日は天気が良さそうだ。

DSC02056.JPG



梓川右岸遊歩道で岳沢湿原に入る。

DSC02058.JPG



朝もやのかかる湿原。

DSC02060.JPG



見上げれば六百山。

DSC02059.JPG



治山道に合流したところが岳沢トレール登山口。

DSC02064.JPG



整備はされていますが、そこそこ急登が岳沢小屋まで続きます。

DSC02066.JPG


DSC02067.JPG



10番からカウントダウンで標識あり。
7番標識は以前登った明神岳Ⅴ峰南西尾根の取付き点。
全般的に狭い登山道で休憩適地が少ないけれど、ここは多少スペースがあり休憩者が多い。スグ先に風穴もあり。

DSC02070.JPG



樹林帯の急登をもくもくと登っているとパッと視界が開ける。

DSC02074.JPG



上高地が見える!

DSC02076.JPG



西穂も見える!
樹林帯をもくもくとなので感動しました。

DSC02078.JPG



またしても樹林帯に突入。

DSC02081.JPG



しばらく登ると休憩適地を発見して小休止。
右)ジャンダルムからコブ尾根ノ頭。急降下して天狗のコル。登り返して天狗岩。奥穂高から西穂高に縦走したのは11年も前。今じゃ無理。

DSC02082.JPG



胸突き八丁を登り切ると

DSC02085.JPG



小屋発見!ここが小屋見峠か。

DSC02086.JPG



下って岳沢を横断する。

DSC02088.JPG



岳沢から圧倒的な吊尾根を仰ぎ見る。

DSC02090.JPG



おお上高地よ。

DSC02092.JPG



岳沢を横断して少し登ると岳沢小屋に到着。

DSC02093.JPG



賑わっております。

DSC02094.JPG



気持ちの良いビューテラス。

DSC02096.JPG



小屋から右方向へ登ると前穂高への重太郎新道。

DSC02145.JPG



今回の目的地、第1から第4のお花畑を形成する天狗沢のお花畑へは、テラスの奥から階段を降りトイレ前を通過。

DSC02146.JPG



その先に進むとヘリポートへ向かう道。

DSC02098.JPG



ヘリポート手前のこの看板のところから

DSC02099.JPG



山に入る。

DSC02100.JPG



山を抜けるとコブ沢のガレに出る。
ガレを横断したグリーン地帯が第1お花畑になるハズで・・・

DSC02101.JPG



忠実にペンキマークを辿ったにも拘わらず

DSC02102.JPG



結果、方向違いのコブ沢をどんどん登ってしまっていた。

遠目に先行する単独を見て誘引されたかも知れないけど、きちんとマークと薄い踏み跡を辿って来たのに何かおかしいと薄々感じ始めた時、先行していた単独に会った。おそらく小屋の人だと思うけど、どちらへと聴かれ、お花畑へと言うと、ここではないのでスグに引き返して下さいと叱られてしまった。

DSC02103.JPG
戻りながらも確かにマークを辿っていたが、方向違いは地形を見れば一目瞭然。マーク頼りに呑気に歩いていたのが恥ずかしいし無事で良かった。



第1お花畑地帯に軌道修正完了してひと安心。

DSC02105.JPG


DSC02106.JPG

DSC02108.JPG

DSC02109.JPG

DSC02110.JPG

DSC02113.JPG



このガレ沢を横断すると第2お花畑地帯。

DSC02114.JPG



少しずつ高度を上げて来ており、周りの見え方も変わってきた。

DSC02115.JPG



振り返ると明神岳Ⅱ峰とⅠ峰。チラリと前穂が見える。

DSC02120.JPG



天狗岩も近づく。

DSC02122.JPG


DSC02124.JPG

DSC02125.JPG



標高2330m付近。天狗岩がド~ンと気持ちいい。

DSC02121.JPG



第3、第4お花畑地帯はこんな位置らしい。
第3お花畑地帯はすぐそこだったけど、天狗のコルに至っては近くに見えてもまだ標高差550mのガレザレの急登。

DSC02121-2.JPG



眼下に上高地。正面は霞沢岳に右が乗鞍岳。
天狗岩然り、迫力と高度感のアングルバランスは、この辺が一番イイんじゃないのかなぁ~

DSC02123.JPG

DSC02131.JPG



しばし景色をぼぉ~っと眺めて、そろそろ小屋に戻ります。

DSC02127.JPG



岳沢小屋に戻って休憩。こういう余裕の行程はイイねぇ~

DSC02140.JPG



上高地に下ります。吊尾根よサヨウナラ

DSC02147.JPG



どんどこ下って、天然クーラーの風穴で小休止。

DSC02151.JPG



なんかもう脚がパンパンに張ってきちゃったよぉ~

DSC02154.JPG



上高地に無事下山。
さっきまであんなに天気が良かったのに、吊尾根なんかどっぷり雲に浸かっちゃったよ。

DSC02162.JPG



この日は西糸屋山荘別館に一泊。
温泉に浸かって、お酒を飲んで、のんびりしましたよぉ~

DSC_0250.jpg






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • コマダム

    印って あの〇や➡ですよね。
    へぇ~そういうこともあるんですね。
    まぁ迷子にならないでよかったです。
    山は午後にはガスルことが多いのですね。
    2019年08月14日 20:59
  • 集中猫(はな)

    コマダムさん、おはようございます。
    どうもコブ尾根への取付きマークだったのではと推測します。
    小屋へ戻る際にも見てみるとやはりマークが二方向に延びていた。
    お花畑への何かポイントを見過ごしたんでしょうねぇ~
    2019年08月15日 04:41
  • MORINOBUNA

    こんにちは。
    頑張っていますね!
    塔ノ岳、夏場3時間で登ったのだから、十分な体力!
    十分な楽しめた様子、何よりです
    岩場の薄い踏み跡、乾いていてもわかりにくいですね!。
    はなちゃんも喜んでいるようで、何よりです。
    2019年08月15日 10:09
  • 偽ストラト

    素晴らしいロケーションですね~
    上ったはいいがガスっていたら残念ですから。

    2019年08月15日 12:23
  • 集中猫

    MORINOBUNAさん、こんにちは。
    とても楽しかったですよ。
    只ね、そんなに体力無いんですよぉ~
    BUNAさん、丹沢の暑さにお気を付け下さいね。
    2019年08月15日 14:35
  • 集中猫(はな)

    偽ストラトさん、こんにちは。
    歩いてしか行けない景色を見に行って、見られなかった時ほどむなしいことはありませんからねぇ~
    2019年08月15日 14:39
  • 摩利紫天@analog-ya

    すんごい青い空
    盛りを過ぎたとはいえたくさん花も見られたし、良かったですね~
    叱ってくれた小屋の人がどこへ向かっていたのか気になりますが、どうもありがとう
    帝国ホテルってこんな風に見えてるんですね
    知らずに泊まっていたのがなんか恥ずい…
    時間に余裕があると気持ちの余裕にもなるし、いいですよね~
    と、いつも一気に用事を済ませようとして疲れる自分は改めて思うのでありました
    2019年08月17日 10:39
  • 集中猫(はな)

    摩利紫天さん、こんにちは。
    山やと言えどもいつかは泊まってみたい憧れの帝国ホテルですからねぇ~
    2019年08月17日 14:07