集中猫の山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢 マルガヤ尾根

<<   作成日時 : 2017/09/01 17:58   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

★ DATE FILE No.187 ★
2017年8月29日(火)曇り 日帰り
大倉−西山林道−マルガヤ尾根−鍋割山稜合流−花立山荘−大倉

はなちゃんが聞いた話★3ヶ月もまともに山歩きをしてなくて、鈍らになった足で出かけたら筋肉痛でヒーヒー言ってるよ。でも、美しい尾根・マルガヤ尾根を歩けて良かったってよ。ただ、花立山荘のかき氷と大倉バス停どんぐりハウスの缶ビールを楽しみにしてたのに、よりによって、どちらも休業で人生終わったってよ。

■コースタイム■
所要時間6時間50分
大倉7:40《1.07》二俣8:47/9:02《0.15》本沢出合9:17《0.42》928P 9:59/10:16《0.34》展望地10:50/11:00《0.24》鍋割山稜合流11:24/11:43《0.36》金冷し12:19《0.12》花立山荘12:31/12:45《1.07》雑事場13:52/14:02《0.28》大倉14:30

■地 図■
画像


■往路交通■
池上5:06(東急池上線)蒲田5:10/5:15(JR京浜東北線)横浜5:32/5:36(相鉄線)海老名6:14/6:19(小田急線)渋沢6:44/7:16(神奈中バス)大倉7:31

■復路交通■
大倉14:52(神奈中バス)渋沢15:05/15:16(小田急線)海老名15:45/15:53(相鉄線)横浜16:24/16:32(JR京浜東北線)蒲田16:50/16:56(東急池上線)池上16:59

■ 費 用 ■
電車970円×2、バス210円×2 【合計 2,360円】


★ 山行記 ★


8月29日(火)代休を取って決行。相鉄線に乗車中、北朝鮮が北海道上空を軌道とするミサイルを発射したため、さがみ野駅で約7分間の緊急停止。内心、相鉄線関係ないだろと思いつつ。ましてやジェイアラートのエリア外だったてのに。。。
でも、予定に影響なく大倉バス停に到着。曇り空ですがホッとしました。ジリジリの猛暑だと辛いからね。

画像





西山林道をてくてく。白い花が満開。

画像





いつまで経っても、花の名前が分りません。

画像





これは分る。ヤマアジサイ

画像





約1時間の林道歩きで二俣に到着。

画像





勘七ノ沢を木橋で渡って、しばし休憩。

画像





チョイ先には、長いこと通行止めになっている小丸尾根の入口。
トラロープで封鎖されてます。

画像





四十八瀬川沿いを歩く、気持ちのイイ区間。

画像





木立を抜け、パッと開けるも、鍋割の山々はガスの中。

画像





本沢出合。この先が、

画像





マルガヤ尾根の取付き

画像





最初の50メートルが一番キツイ。
トゲトゲのアザミやバラ(?)の類が生えてチクチク。
登り口を振り返る。

画像





更に50メートルほど植林帯を登ると傾斜も若干緩み

画像





自然林に変わる。

画像





マルガヤ尾根の美しさの理由は、下草に在り 
植林にしろ自然林にしろ、絶妙な間伐なんでしょうねぇ〜

画像





928P到着

画像





展望は有りませんが、気持ちのイイ山頂。

画像





おやつに「ビスコ 麦芽入り/サクサク食感と、こんがり香ばしいおいしさが楽しめる、大人もうれしいビスコです。」だと。
これはウマシ!行動食に打って付け。

画像





しばしの休憩を終え。一旦、緩く下って登り返し。比較的穏やかな尾根が続く。

画像





展望地の手前ぐらいから、またしても辛い登り。お花を見ながらゼイゼイ。

ヤマホトトギス (以降、お花の名前に詳しい人のブログを見て記載)

画像





展望地に到着。

画像





マルガヤ尾根と鍋割南尾根の間、ミズヒ沢の谷間からガスが上がって来る。
生憎、展望は無いけれど、涼しくて良かぁ〜

画像





鍋割山稜合流までの最後の登り。

バライチゴ

画像





お花を愛でながら、ヒイコラ。

コフウロ。 ゲンノショウコウに似てる?

画像





ようやく鍋割山稜の

画像





合流点に到着。草原でしばし休憩。

画像





マルガヤ尾根には、2013年6月に来て以来。
その時には、蛍光スプレーで真新しいマーキングが所々にされたサマに驚きました。
今回、その痕跡は見当たらず、4年の歳月の自然の力だけでない、丹沢を愛する人たちの尽力を実感しました。

画像





時たまガスが流れ、秦野の街を見下ろす。

画像





鍋割山稜を大倉尾根に向け出発。
小丸を通過。

画像





鍋割山稜のブナ林は美しい。

画像





小丸尾根分岐。やはり閉鎖中

画像





大丸を通過。

画像





大倉尾根に合流、金冷し。

画像





一旦下って

画像





花立の木道に登り返す。天気が良ければ相模湾がキラキラ。

画像





少し下ると小屋発見。花立山荘です。
アレレ〜 小屋やってません。イチゴのかき氷を目標にここまで来たのにぃ〜

画像





やってないものは仕方がない。大倉バス停どんぐりハウスで缶ビールをゴキュゴキュ飲めばいいのだ。

画像





さぁ、ドンドコ下ろう。

画像





タマアジサイ。 白いタマゴから花が生まれて来るような。

画像





大倉尾根は計画間伐でどんどん明るく綺麗な尾根になっていく。ただ、足元はどんどん荒廃して木道、木階段が増えていく。

画像





これは分かる。マルバダケブキ=丸葉岳蕗。カタカナと漢字と花が一致。
クロアゲハが蜜をチューチュー

画像





雑事場

画像





大倉尾根の最後は、いつもここで山行の余韻を感じながら休憩。

画像





???

画像





キツネノカミソリ?

画像





大倉バス停に無事下山。
山の上とは全然違う暑さで、汗がダラダラ。さぁ、ビール ビール!

画像

アレレ〜 どんぐりハウス閉まってる。なぬぅ〜28日(月)・29日(火)臨時休業?!
これじゃ缶ビール飲めないじゃん 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
見事に臨時休業にぶち当たっちゃったんですね
蛍光スプレーは意味わかんないっす(#^ω^)
よくもまあこの高低差を登って帰って来られるもんだ
あ、相変わらず仕事場で使わせると酔うと評判のGoogleマップのストビュー+3Dと並べて見ております…
筋肉痛はかき氷とビールにありつけなかった所為?
摩利紫天@analog-ya
2017/09/03 09:01
摩利紫天さん、こんにちは。
スプレーなんて度が過ぎます。当時、丹沢詳細地図の発行人さんから、わざわざメッセージ欄の方にご意見をお寄せ下さったり。
あの3D、凄いですよね。
平面地図でアナログチックに想像するのも楽しいですが、3Dでグルグル回転も楽しいです。
集中猫(はな)
2017/09/03 17:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹沢 マルガヤ尾根 集中猫の山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる