集中猫の山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢 甲相国境尾根

<<   作成日時 : 2017/06/09 19:42   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

★ DATE FILE No.185 ★
2017年6月3日(土)晴 日帰り
大滝橋バス停ー畦ヶ丸避難小屋ーモロクボ沢ノ頭ー大界木山ー城ヶ尾峠ー菰釣山ー高差山ー平野バス停

はなちゃんが聞いた話★山中湖まで辿ってみたかったんだって、甲相国境尾根。日永の時期はイイんだけど、蒸しバテしないか心配だったらしいけど涼しい風が吹いてて助かったってよ。ただ、細かなアップダウンの連続に飽きたってよ。

■コースタイム■
所要時間9時間34分
大滝橋8:22《0.52》一軒家避難小屋9:14《0.40》大滝峠上9:49/9:57《1.00》畦ヶ丸避難小屋10:37《0.16》モロクボ沢ノ頭10:53《0.37》大界木山11:40《0.20》城ヶ尾峠12:00《0.09》城ヶ尾山12:09/12:18《0.31》中ノ丸12:49/13:05《0.10》ブナ沢ノ頭13:15《0.18》菰釣山避難小屋13:33《0.26》菰釣山13:59/14:12《0.14》ブナノ丸14:26《0.19》油沢ノ頭14:45《0.12》樅ノ木沢ノ頭14:58/15:10《0.17》西沢ノ頭15:27《0.23》石保土山15:46《0.29》山伏峠分岐16:15《0.32》富士岬平16:47/17:11《0.16》高指山17:27《0.39》平野18:06

■地 図■
画像


■往路交通■
池上5:06(東急池上線)蒲田5:10/5:15(JR京浜東北線)横浜5:32/5:46(相鉄線)海老名6:24/6:32(小田急線)新松田7:03/7:15増発(富士急湘南バス)大滝橋8:10

■復路交通■
山中湖平野19:22(富士急山梨バス)旭日丘19:29/19:40(高速バス)新宿22:00/22:19(JR山手線)五反田22:33/22:41(東急池上線)池上23:00(高速事故渋滞により1時間遅れ24:00着)

■ 費 用 ■
電車1,030円、往路バス1,110円、復路バス260円、2,050円、電車370円 【合計 4,820円】

★ 山行記 ★


甲相国境尾根のモロクボ沢ノ頭〜高指山を縦走してきました。
さすがに大室山起点では時間的にも体力的にも無理ですわ。

大滝橋バス停から出発。
同じく下車された単独の方も山中湖まで行くとの事。その容姿からランですか?と聞くと普通に歩きますって。この人とは5分遅れぐらいで出発しましたが、追いつくどころか後姿を拝むこともできませんでした。

画像





大滝沢沿いをテクテクと

画像





一軒家避難小屋に到着。
鬼石沢の傍らの明るいこじんまりした平場に建つ。

画像





中を覗くのは、初めてです。綺麗です。

画像

画像



ササッと見学して出発

画像





大滝峠上のベンチに到着。 小休止して。

画像





畦ヶ丸に向け、もう一登り。

画像





畦ヶ丸避難小屋に到着。

画像



ここも偵察。 中を覗くとストーブが鎮座。

画像





畦ヶ丸避難小屋まで稼いだ標高をイッキに消費して下降。モロクボ沢ノ頭に到着。
ようやく甲相国境尾根のスタートラインに立ちました。

画像





何故だか、シャリバテでもないのに大界木山まで辛くて辛くて、引き返そうか、城ヶ尾峠から地蔵平に下ろうか、登りながら何度も何度も考えました。
心が折れ掛けの状態で、大界木山に到着。

画像





取り敢えず、城ヶ尾峠へ。
城ヶ尾峠のベンチでは単独が昼食中。話をすると上ノ原〜二本杉峠〜大杉歩道〜地蔵平を経て城ヶ尾峠へ登って来たとの事。5分ほどの立ち話でしたが何となく気持ちが復活。

画像





城ヶ尾峠からひと登りで城ヶ尾山に到着。広々として気持ちの良い山頂です。

画像





しばらく、美しい自然林の稜線歩き。

画像





中ノ丸
ガス欠気味なので、ここでシャリ補給。

画像





ブナ沢ノ頭を通過し、

画像





菰釣山避難小屋に到着。

画像





綺麗な避難小屋です。

画像





中も非常に綺麗です。ご夫婦が泊まり目的で来られました。

画像





標高差約180mをだらりだらりと体に優しい登りで、菰釣山に到着。行程の半分地点です。それにしても道中、意外と人に会う。話を聞くと皆さん道志側から登られて来るようです。

画像





雲が被っているけど、富士山と山中湖を望む。

画像





ベンチの左側(南側)に、大栂方面の尾根の入口を発見。

画像





綺麗な尾根筋のように見えますが・・・どうかな?

画像





さぁ、残り半分、登って下って、登って下って、ドンドコ行きます。

ブナの丸

画像





ひぃ〜 こういうのが疲れるんですよねぇ〜

画像





油沢ノ頭 ベンチ有り

画像





大岩を過ぎると

画像





樅ノ木沢の頭

画像





綺麗な尾根が続きますが・・・

画像





もう、飽きた 

画像





西沢ノ頭

画像





石保土山。 明るく開け、ベンチ有り。

画像





山伏峠分岐に向け下っているとベンチが出現。右方向の急斜を下ると山伏峠分岐。

画像





道標の後ろに目をやると下りの尾根が続いてる。
こっちの尾根に引き込まれないようにベンチを置いたのかな?

画像





西丸への尾根。その先、水ノ木へ。
ここも、綺麗な尾根筋のように見えますが・・・どうかな?

画像





ベンチから急斜を下り終えたところに水ノ木分岐の道標。
右方向に巻きながら行くとさっきの尾根に合流するのでしょう。

画像





古い道標もありました。

画像





鉄塔下を巻ながら下って行くと

画像





山伏峠分岐に到着。 さぁ、ここまでくればゴールも間近。

画像





富士岬平に到着。
時計を見ると、予定より一本早い高速バスに乗れそうなので、予約変更をしようとスマホで空席状況を確認すると、すでに満席となっておりました。仕方がないので、ここでマッタリ休憩。

画像





相変わらず富士山は雲を被っていますが、見晴らしの良い場所です。

画像





ぶらぶら登って、
ウェ〜イ 最後の山頂、高指山に到着。

画像





くろすけ&はなちゃんの分身も西日を浴びてご満悦。

画像





富士岬平と似たようなロケーションですが、ベンチからの眺望は富士岬平の方が断然良い。

画像





さぁ、山中湖へ下ります。

画像





別荘地を抜け県道に出て、本日最後の富士山の見納め。抜けそうで抜けない雲。
山中湖 平野バス停に無事下山。

画像


帰りの高速バス、事故渋滞で約1時間遅れで新宿に到着。
23時帰宅予定が24時を回ってしまったってことは、
日帰りじゃなくなったってこと??



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お父っちゃんにしては珍しく結構人と行き会ってますね( ^ω^)
これだけベンチが設置されてるってのは、やっぱ訪れる人が多いって事なんでしょうか
別に山を登る訳じゃありませんが、ちょっとした観光地っぽいところに設えてある丸太の階段とか苦手です
人に設定された分だけ足を上げたり下げたりしなきゃ移動出来ないのが嫌なのかなって自分では思ってるんですけど
飽きちゃったみたいですが無事なご帰還でなによりでした(゚∇^d) グッ!!
摩利紫天@analog-ya
2017/06/10 09:10
摩利紫天さん、こんにちは。
道志側からのアプローチは良いので、ポイント、ポイントで人はそこそこ居ました。ただ、通して歩く人はそんなにいないハズです。
階段、辛いっす。
はな
2017/06/10 16:26
丸太階段って、丸太の上には足を乗せないんでしょ。滑るかもしれないから。
結果、丸太を超えて歩くという羽目になって、疲れるんですよ。
木道ならいいのに〜〜
長い道のり、筋肉痛は?
コマダム
2017/06/11 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹沢 甲相国境尾根 集中猫の山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる