集中猫の山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏磐梯 西大嶺ー西吾妻山

<<   作成日時 : 2017/03/26 06:41  

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

★ DATE FILE No.183 ★
2017年3月20日(月) 晴 日帰り
第4リフトトップ−西大嶺−西吾妻山−西大嶺−第3リフトトップ−ゴンドラ山頂駅

はなちゃんが聞いた話★スノーモンスターが見たかったんだって。時期的にはラストチャンス。展望の西大領、モンスターの巣窟西吾妻山で、一粒で二度美味しいってよ。相当良かったらしく、また今度は夏にも行ってみたいって言ってたよ。

■コースタイム■
所要時間4時間15分
第4リフトトップ10:38《1.01》西大嶺11:39/11:48《0.39》西吾妻山12:31/12:45《0.37》西大嶺13:22/13:42《0.36》第3リフトトップ14:18《0.35》山頂駅14:53

■地 図■
画像


■往路交通■
池上5:20(東急池上線)蒲田5:24/5:30(JR京浜東北線)東京5:51/6:12(つばさ121号)郡山7:30/8:15(シャトルバス)グランデコスキーセンター9:55/山麓駅10:00(ゴンドラ)山頂駅〜(第4リフト)10:20

■復路交通■
山頂駅(ゴンドラ)山麓駅/グランデコスキーセンター116:30(シャトルバス)郡山18:10/18:30(やまびこ154号)東京19:48/20:01(JR京浜東北線)蒲田20:21/20:31(東急池上線)20:34

■ 費 用 ■
電車8,330円×往復、ゴンドラリフト520円×4 【合計 18,740円】
※グランデコHPでは郡山駅間のシャトルバス片道1,230円となっていたが無料。ゴンドラリフトは往路ゴンドラが520円券×2枚、リフトが1枚、復路ゴンドラが1枚。

★ 山行記 ★


7時30分 郡山駅到着。
到着直前、人身事故発生で東北・秋田・山形新幹線全線ストップの車内アナウンス。人身事故じゃ、復旧に時間が掛かるだろうからヘタしたら登山もストップになるところでした。

画像





8時15分発のシャトルバスを待ちます。

画像





約1時間40分バスに乗り、グランデコスキー場に到着。

画像





ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、第4リフトトップに到着。
西大嶺〜西吾妻山の登山口となります。

画像





スノーシューを装着して出発。
樹林帯を登って行きます。トレースはバッチリ

画像





1843m小ピーク付近まで来ると空が抜けてます。

画像





右前方に西吾妻山も見えてきます。

画像





まだモンスターになり切れないゾンビがウロウロ

画像





1843m小ピークに到着。
その先の1940mの小ピークをとらえる。
あれが西大嶺かと勘違いする偽ピーク。

画像





桧原湖も見えてきた。
残念ながら磐梯山は雲と霞が掛かり見えません。
カッコイイ山容とモンスターを一緒に撮りたかったんだけどねぇ〜

画像





西吾妻山もだんだん近づいて来たけど、
あそこまで行くのぉ〜って感じ。

画像





1940m小ピークに登る。

画像





1940m小ピークに到着。目指す西大領は目の前。

画像





成体となったモンスター。

画像





デカいのもいた。

画像





西大嶺へもう一息。

画像





西大嶺頂上に到着。
次なる西吾妻山の中腹に西吾妻小屋を発見。

画像





モンスターに取り囲まれております。

画像





ここ西大嶺は展望の山。
東に安達太良山、西に飯豊連山、南に磐梯山、北に西吾妻山。
この日は一日中遠望が利かずにホント残念。

画像





また夏にでも、のんびり訪れたいですなぁ〜

画像




さぁ、ぼちぼち、モンスターの巣窟、西吾妻山へ出発。

画像





一旦、鞍部に下って、だらりダラリと登り返します。

画像





鞍部に到着。
魔宮へ踏み込んでしまったかのように
強風がビュービュー吹いております。

画像





あっちを見ても

画像





こっちを見ても

画像





うじゃ うじゃ

画像





モンスターだらけです。

画像





西大嶺を振り返ってみる。
帰路を塞がれた。

画像





牙で仲間を共食いするモンスター?

画像





ゆるゆると登って行き

画像





ゆるゆるとモンスターどもの間を

画像





恐る 恐る

画像





西吾妻小屋発見。
偵察しようかと思ったけど、面倒臭いのでパス。

画像





モンスターどもを振り切り

画像





またしてもモンスター群に突入。

画像





山頂直前のモンスターを抜けると

画像





西吾妻山山頂に到着。
真っ平らな、広々とした山頂。百名山です。

画像




いつの間にか、山頂モンスターに取り囲まれ
捕食されかけているくろすけ&はなちゃんの分身。

画像





ここは、はなちゃんたちがくいとめる!!
お父っちゃんは、先に行くニャー!!!

画像





じゃ 遠慮なく。 西大領に戻ります。

画像


画像





シュカブラ(風紋)の斜面を登って

画像





西大領に戻ってきました。

画像





薄っすらと飯豊連山が見えました。
霞が意外と濃くて、サングラスをしてると見えるけど、
肉眼ではほとんど見えませんでした。

画像





下山です。
こんもりした1940ピークを通過し、その尾根に沿って降りるのが来た時のコース。それなのに、右に巻くようにシッカリしたトレースが付けられており、無意識にそちらに進んでしまいました。始終トレースもついていたし、登ってくる単独の山スキーヤーともすれ違ったしで、疑う余地もなし。

画像





ほら、リフトトップに着いた。でも、微妙に朝の雰囲気と違う?。
下りリフトには乗れないので、そんなことは気にせずゲレンデを下ります。しばらくゲレンデを下っても、なかなかゴンドラ山頂駅が見えてこないので、ここでようやく位置確認。本来第4リフトに沿って下るのを第3リフトに沿って下ってた!それじゃ、さっきのリフトトップは第4じゃなくて第3だった??

画像





大幅に軌道修正して、ゴンドラ山頂駅に無事下山。

画像




今回、トレースがあれば線路が敷かれた一本道と高を括って、
ろくにイメージトレーニングもせずに出発。
現に線路は続くよどこまでもって感じで登頂したもんだから、
すっかり気が緩んで注意力、危機感ゼロ。

画像

反省。
事前の地図読みとイメージトレーニングは怠るな。
おかしいと感じたら即確認。
人の敷いたレールには乗るな。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
モンスターの世界に更にビックリ!すごいですね!
ここへ歩いて行ってるのが何よりもビックリ!!
無事の下山でよかったです〜
boogie
2017/03/26 09:43
boogieさん、こんにちは。
綺麗なモンスター群は見れて良かったですよぉ〜
多分、今年の心に残る山行の一つになることでしょう。
集中猫(はな)
2017/03/26 16:13
グランデコのゴンドラはたろも乗ったんですよね。
冬の景色は全く違うのにびっくりですよ。
何やかやで、このシーズンは結構楽しまれたんではないですか?
コマダム
2017/03/26 22:13
コマダムさん、おはようございます。
紅葉を見に行かれてましたね。
グリーンシーズンでイイから五色沼など、のんびり散策したくなりました。
集中猫(はな)
2017/03/27 05:56
今月、グランデコに誘われていたけど取り止めちゃったです。お父っちゃんとバッタリ会ってビールご馳走になれたかも…残念だったなぁ~(^^;
樹氷は蔵王スキーで何度か見ましたが、吾妻の樹氷も独特で素晴らしい景色ですね。
お父っちゃんのように体力がないので(夏に登った西大領もしんどかったです--;)天元台の方から登り、樹氷の稜線を眺めるだけでも…と眠っていた以前からの欲望がお父っちゃんのブログでまたフツフツと沸き上がってしまいましたよ(-_-;)
サイ
2017/03/27 18:23
サイさん、こんばんは。
グランデコのセンターまで下りたら食堂がすでにクローズ。早いんだよねぇ〜
仕方がないので、自販機で缶ビール。
計画時に蔵王も候補でしたが、色々リサーチの結果、西吾妻山に決定。
ホント、独特だと思いますよぉ〜。実際、凄く良かったです!
天元台からの方が楽なんでしょうか?おそらく一番の見どころは西大領と西吾妻山の鞍部だと思いますが、眺めるだけでも独特の風景に感動すること間違いナシ!
集中猫(はな)
2017/03/27 20:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
裏磐梯 西大嶺ー西吾妻山 集中猫の山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる